シャンクレールに実際に行ってみた感想!ネットの口コミ・評判もまとめてみた

婚活パーティサイトは色々とありますが、私が一番最初に行ったのはシャンクレールという会社です。

主に首都圏で頻繁に開催していて広告も多く打ち出していることから人気急上昇中です。

今回は私が実際に2回ほど行ってみた感想を元にシャンクレールの特徴や口コミ、メリット・デメリットをまとめてみました!

シャンクレール個室の感想はこちらをどうぞ!

シャンクレールの特徴

シャンクレールのホームページへ

シャンクレールの最大の特徴はその規模です。現時点で累計動員数が400万人以上となっています。毎日都心を中心に婚活パーティが開かれており、気軽に参加できるのが魅力。

さらにカップルリング率も高く平均で47%と約半数を維持しており、これは婚活パーティの中でもかなり高いです。

20代限定や30代限定など普通のパーティが多いですが、学生コンやクッキングコンなどちょっと変わったパーティも主催しています。

広告費に多額のお金をかけており、2015年からゼクシィ縁結びパーティーと提携しているので今最も勢いのある婚活パーティとなっています。

とにかく開催数が多いので、条件に合うパーティに参加しやすいのが特徴です。

パーティーの流れ

シャンクレールはイベント事に少し流れが異なるようですが、私が参加したのは飲食なし、オープンでフリータイムがあるものでした。

簡単に流れを説明していきます。

  1. ネット等で予約
  2. 会場で受け付けを済ませる
  3. 開始時間までに自己紹介カードを記入する
  4. 自己紹介タイムで異性と話す(所要時間約3分)
  5. 第一印象カードを記入する
  6. フリータイムで気になる異性と話す(5回)
  7. 告白タイム(マッチングタイム)
  8. 終了

一般的な婚活パーティと流れとしてはほぼ同じです。

第一印象カードはフリータイム中に返却されます。

料金はいくら?

私が参加したパーティの場合は男性が5500円で女性が500円でした。

料金体系としては他の婚活サイトと大差ないですが、女性はかなり安めです。探すと無料のものもあるみたいですし、割引で実質無料になっている場合もあるはシャンクレールだけかも。

男性はやはり値段が高いですが、これはもう仕方のないことですね。早めに予約すると安くなります。

女性はほぼかからないので本当に安易な気持ちで参加できます。

飲食アリになると値段が上がるのでどちらにするかは資金と相談しておきましょう。

ちなみにウェブで予約を行うと500円割引になります。

⇒「シャン・クレール」Web予約で500円割引!

割引方法はこれ以外今のところないようです。

シャンクレールは全て現金払いのみとなっているのでカードは対応していません。

会場で先払いとなります。今時かなり珍しいシステム!お金忘れるとほんと困るので準備しておきましょう。

登録費等は一切かかりません。

キャンセル料はいくら?

当然ながら予約制なのでキャンセル料が発生します。

シャンクレールの場合は前日までキャンセル料はかかりませんが、当日は料金全額負担のなります。

例えばその婚活パーティが5000円なら5000円、1000円なら1000円まるごと持っていかれます。

ただ他のパーティに比べてキャンセル料はギリギリまでかからないので比較すると良心的な方です。

キャンセル方法は前日までならウェブのマイページで行えますが、当日のキャンセルは電話の「予約センター」より行います。

■オンライン予約・・・・・・ 24時間受付中

■電話予約センター・・・・・ 050-5533-1000(営業時間 9:00~22:00 年中無休)

ちなみに営業電話でかかってきた場合は仮予約もでき、1時間前までならキャンセル料がかからなかったりします。

詳しくまとめているサイトを見つけましたので参考にしてみてください。

シャンクレールのキャンセル料払わないとどうなる?

池袋のパーティに行ってみたので流れなんかを書いてみた

私が参加したのは都内の池袋と新宿です。シャンクレールの場合はこれ以外にも全国で開催しているので「婚活に行きたい」と思ったら大抵検索に引っかかります。

一番最初に行ったのは池袋店だったのですが、いかんせんちょっとわかりにくい場所にあるので行く人は要注意です。

開始時刻の10分ほど前に到着しましたが、すでに会場には女性の方も男性の方もある程度集まっており、私は結構遅いほうでしたね。

カフェのようなテービルがいくつか設けてあり、指定された女性の前に座らされます。(新宿の場合は完全自由席でした)

ここで自己紹介カードを記入していきます。

これはシャンクレールで実際に使われた評判が良かった記入例として会場でも紹介されています。

 記入項目が結構多いので初めての人は事前に情報を入手しておいた方が良いような気がします。

また、男性の場合は基本情報の他に推定年収を記入しますが女性にその項目はありませんでした。

参加した人数は男性が15人ほどで女性が10人・・・差がありました。

こうなると自己紹介タイムの時に暇な時間が出来るので男性の場合は話す→休憩→話す・・・という感じになります。

これはどこの会場でも同じで男女比に差が出来るとよくあることだそうです。

そしてここから自己紹介タイム!

時間は一人あたり約3分ほどで男性のみが右回りに回ってきます。自己紹介カードを相手と交換してそれを元に話を進めていきます。

 この3分という時間は思っている以上に短く、当たり障りのない話をしているとすぐに終わってしまうので要注意です。

全員と会話が終わる頃には気の遣いすぎや若干のコミュ障のせいでかなり疲れます。

しかし、これで終わりではありません。

一通り全員と会話すると印象がよかった人を記入する第一印象カードに丸を付けていきます。

↓第一印象カード

 

 番号のみしか書かれていないので自己紹介タイムの時はメモを忘れないように。

ちなみによかったと思う人なら何人でもつけていいので、惜しげもなく丸を付けても平気です。

流れですが、自分が良いと思う人に丸を付けて一度スタッフに回収されます。

その後マーカーで印がつけられてフリータイム中に返却されます。

マークがついているのは「逆に良いと思われている番号」です。私は5人から第一印象が良いと思われていたみたいです。これが良いか悪いかは正直わかりません。

 

続いてフリータイムに突入します。個室の場合はこのフリータイムはありません。

フリータイムは全部で5回で「もう一度話したい」と思う人の元に行き、話します。

感の鋭い人は気づいたと思いますが、男女比がこのように差があると余ってしまう人が出てきます。

私は初回であたふたしていたら5回中3回も取り残されました(笑)

することもないので取り残された男性にあえて話しかけてましたw

相席することも可能ですが、邪魔することにも繋がるので度胸のある人しかやらないと思います。

 なるべく早く意中の人の元にいかないと他の人に取られてしまいます。

ちなみにシャンクレールではLINEや連絡先の交換は自由なのでフリータイム中に話した人と連絡先を交換することも可能です。

それ専用の紙(メッセージカード)が計4枚あるのでそれに番号と連絡先等を記入して相手に渡します。

フリータイム中は先ほど書いた第一印象カードが返却されます。集計結果となるので自分が誰から思われているのかマークされているのでわかる仕組みになっています。

 

フリータイムが終わるといよいよ最後の告白タイム!

告白タイムと言ってもこれも同様に紙に第一希望から第五希望まで記入するだけです。

マッチング率を高めたいなら全て埋めた方が良いですが、必ずしも全てを埋める必要はありません。

女性の場合は第一希望しか書かないとかそういう人の方が多いみたいですね。

集計には約5分ほどかかり、最後にスタッフからマッチングした人の番号が読み上げられるので集中して聞いておきましょう。

私は初回でフリータイムでかなり失敗しましたが、見事マッチングすることに成功しました!!面白いことに最初に座った席の女性で、フリータイムで話しかけに行っていないのになぜかマッチング。かなり珍しいことです。

この日マッチングしたのは計5組なので確率的には半数近いですね。あまり凄い事でもないみたいですが嬉しかった。

全て終わると男性から先に退出し、「ロビーで待ち合わせをしてください」とスタッフから指示されます。

男性が会場外で女性を待ち、マッチングした人はその場で連絡先を交換するなり、ごはんを食べに行くなりします。

私の場合はマッチングした人どちらも友人と来ていたので連絡先だけ交換して解散という流れでした。

 

以上がシャンクレール婚活パーティの実体験レポートです。

ちなみに2回ともマッチングしたので今のところマッチング率は100%です。

一回目は5歳も上の方と、二回目は同い年の方とマッチングしてどちらとも食事に行きました。

ただ、ほんと申し訳ないですが、ピンとくる相手ではなかったのでどっちとも交際までには至っていません。

シャンクレールに行ってみた感想

シャンクレールは第一印象カードやフリータイムがあるので意識的にマッチング率を高めることが可能です。

それと、もし行くなら会場選びも注意した方がいいかも。

例えば池袋店の場合、参加する人は東京都内に住んでいる人よりも埼玉に住んでいる人の方が多くなる傾向があります。

 恋人になることを考えたときに相手の住んでいる地域というのは少なからず重要になってきます。

新宿の場合は都内が多いです。

また、シャンクレールの会場はおそらくほとんどが荷物置き場があるので移動が割と楽なのはよかったです。

そこまで他のパーティとの差は感じませんでしたが、やはり広告をバンバン打ち出しているだけあって人の集まりは良いと思います。

人気のないパーティは人が集まらなくて男女比がひどいことになったり、会場について人数が集まらずに解散という流れもあるそうです。

その点は安定した人数がいるので安心できる部分ですし、マッチング率も高いので安心です。

人数が多いということはそれだけ好みの異性がいる確率も高くなりますからね。

行った人の口コミや評判を集めてみた

私だけの感想だと少し偏見が入りそうなのでネットの口コミや評判も集めてみました。

シャンクレール唯一のデメリット

ネットの口コミや評判でも割と高評価ですが、そんなシャンクレールにも欠点はあります。

それが営業です。

婚活パーティというのは無料で登録してマイページを作り、そこから予約する・・・という流れが一般的ですがシャンクレールはかなりガツガツしています。

少し人数が足りないと「今日いかがですか?」と電話がかかってきます。

人数不足をなんとかカバーしようとする仕事ぶりは良いですが、その気じゃない日にこういった電話はハッキリいってウザイです。

それと2回目に参加した時にパーティ中だというのにスタッフが一人ひとりに「この後の会、男性の人数が不足してるんですが、よければ参加しませんか?」と話しかけてきました。

シャンクレールは開催数が多いので、人数が足らないとこうやって営業して人を集めているようです。

ただ、この営業は逆に利用することも可能。

例えばちょうど自分が婚活に行きたい気分だった時にそのままOKするのではなく「安くなりませんか?」と交渉してみましょう。

人数集めに必死になっているシャンクレール側はそれでも良いですよと行ってくることがあります。

実際私も誘われて半額にしてもらうことができましたので機会があればぜひお試しください。断られることもあるので注意。

まとめ

なんだかんだ私が行った婚活パーティの中ではかなり評価は高いです。

営業電話はしつこくて嫌ですけど、頻繁に開催している割に人数の集まりが良くてマッチング率も高いです。

友達参加の方もいますが、一人参加の方が多いので気軽に参加できますし、何も情報がなくても説明があるのでなんとかなります。

不安な方は一度行く前に参考にしてみてください。

⇒シャン・クレールのホームページはこちら

ちなみにシャンクレール個室の方にも行ってみましたが、正直言ってこっちは集まりが悪いのであまりおすすめしません。雰囲気なんかは個人的に好きでしたが、集客力に問題がある点、そしてもし人数が少ないとオープン席のパーティに混ぜられることもあるそうです。

個室で予約した人はフリータイムとか嫌だからあえて個室にしているのにこの対応はどうなの?と思いますね。まぁ、開催できないよりはマシなのかなぁ。

シャンクレール個室に行ってみた感想まとめ

実際にシャンクレールに参加してみた方はコメント頂けると嬉しいです。

■婚活パーティの口コミ

コメントを残す