婚活サイトで恋人を作るために同時進行は当たり前?罪悪感を感じる必要なし?

できることなら気になる異性とだけデートをして、そのまま交際に発展するのがベストですが、実際恋愛においてそう簡単に上手くいくことは少ないでしょう。

特に婚活パーティで知り合った人とは例えマッチングしても途中で連絡が途絶えてしまったりしてなかなか上手くいきません。

今回は婚活パーティを利用している方のために同時進行の注意点などをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

婚活パーティで同時進行は当たり前?

とても誠実な人にとっては異性と同時進行で仲を深めることに罪悪感を感じてしましますが、婚活サイト利用者の過半数は同時進行で恋人探しをしています。

そもそも仮にマッチングしたからといって=付き合ったわけではありません。

単純に気になる相手、その婚活で好印象だった相手にしか過ぎません。

婚活パーティ常連者なら途中で異性からの連絡が途絶えたり、既読無視、ブロックされた経験があると思いますが、その原因が「より好みの異性を見つけた」からだったります。

もし、本気で恋人が欲しいと思っているのであれば確実に同時進行で恋人探しをしていくことをおすすめします。

同時進行ができない場合、せっかくマッチングしてデートを重ねて相手からの連絡が途絶えたり、「この人だめだな」と思った時にまた一から恋人探しをする羽目になります。

いうなれば就活と同じです。1つの企業だけに絞って調べに調べて面接に行っても、2次選考や最終選考で落とされたら最初からやり直し。

1企業に1ヶ月や2ヶ月費やしてたら結局、1年経っても内定が貰えないようなことになってしまいます。

婚活を半年以上続けているのに恋人が出来ないのは要領の問題。平均的なスペックであれば確実に半年以内で恋人を作ることは可能です。

同時進行で恋人を探すデメリットについて

念のため同時進行のデメリットについても挙げておきます。

1つ目は罪悪感ですが、正直同時進行に罪悪感を感じる必要はありません。これは婚活でなくてもそうですが、日常生活で恋愛を同時進行で行う人は多いですし、まだ付き合っていない段階で自分がどんな行動をしようが自由です。

2つ目は同時進行していると婚活パーティで現在いい感じの人と再会する可能性があること。

まぁ再会する時点で相手も同時進行で恋人探しをしているですからこちらだけが責められるわけではありませんが、正直言って気まずいですね。お互い様ですが。

限りなく可能性は低いですが、気まずい思いをしたくないのであれば他の婚活サイトを利用してみたり、参加する場所を変えてみると良いでしょう。

同時進行が可能な人数はせいぜい2~3人

どのぐらいの人数と同時進行でデートをしたり、仲を深めるのが可能かという問題についてですが、実際その人のスペックによって異なるでしょう。

現実的には2人~3人がちょうどよい範囲になりますが、上手く立ち回れる人なら5人とかと連絡を取り合うのもありでしょう。

ただ、人数が多くなればなるほど一人の人に使う時間が長くなり、何を話したのかを忘れていたり、ごっちゃになると気まずいことになるので注意してください。

同時進行するなら見切りは早めに

ある程度の段階までは同時進行で連絡を取ったり、好きにデートしていいと思いますが、あまりにも長い間キープし続けると時間とお金の無駄ですし、相手に悪いので早めに見切ることをおすすめします。

例えばその人の外見がどうしても受け入れられないとか、性格の一部分が受け入れられないところがあるならキープしても付き合う気が起きないので意味がありません。

それこそ女友達として仲良くする目的ならありですが、少なくとも恋人候補にはならないので早めに次にいきましょう。

特に男性はお金を多く出費しますから、早めに判断しないとかなりの大金を使うことになります。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の恋愛テクニック

コメントを残す